デザインの解剖プロジェクト 2001~

Back to Works

企画/アートディレクター:佐藤卓
カメラマン:大久保歩
クライアント:日本デザインコミッティー

普段何気なく目にしている身の回りの大量生産品をひとつ取り上げて、デザインの視点で着目し、どのような工夫がなされているのか、
外側からメスを入れて解剖して探ってみるというプロジェクト。

展覧会場グラフィック、スペースデザイン、告知ポスターのデザインを担当。
「解剖室」「無菌室」を会場デザインのコンセプトに。
告知ポスターのグラフィックには、キシリトールガムを実際にレントゲン撮影した写真、
写ルンですをメスで切断した断面写真、りかちゃんの頭蓋骨を解剖学者に想定してもらった透過画像、等を使用。

解剖1「ロッテ・キシリトールガム」
解剖2「フジフイルム・写ルンです」
解剖3「タカラ・リカちゃん」
解剖4「明治乳業・おいしい牛乳」 (全4弾)